アトリエ『放』

houan.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2008年 08月 26日

第三回『放庵』自画像

今回も無事にワークショップを終える事ができました。
来ていただいた皆さん、お店のスタッフの方々、本当にありがとうございます。

今回は、最もオーソドックスな『自画像』に挑戦して頂きました。
参加されている方は、普段あまり絵を描かないような方から、勉強中の方まで、様々です。

まず、顔のサイズを測る事から始めました。

●目の位置
これ、実は頭のてっぺんからあごの、大体ちょうどまん中についているんですね。意外ですか?

●鼻の位置
鼻の長さは大体額からあごにかけての、三分の一を占めます。

●目と目の間の幅
これは目、一個分が普通とされています。

●小鼻の幅
目の内側のライン(なんていう場所か忘れた)

●口角の幅
それぞれの目のまん中

他にもたくさんありますが、どんなに個性的でも、大差はありません。
2センチも3センチも違うという人は、あまりいないと思います。
不思議なのは、ここまで共通していて、同じ顔がいないということです。人の顔って、ほんのちょっとした形や表情の違いなんですね。

  余談ですが、人の顔の識別ができなくなる病気があるそうです。顔を認識するのは、視覚の中でも脳の違う箇所で見ているんですね。



さて、さっそく鏡に向かって、しっかり自分の顔を観察して、描いてもらいます。

でも、その前に!!!

きっといきなり線だけで描いていくのは難しいから(どんな上手な人でも)、影をつけます。影をつけると立体的になり、描いている実感がわきます。

鉛筆を棒を持つように持ってもらい、寝かせて画面にやさしくこすりつけるように動かしてもらいます。
慣れない人だときつく影をつけてしまったり、雑になりがちです。この動作が出来るとスムーズに進められます。

さあ、本番。



皆さん、思ったよりもおかしな形にならず、集中して描き進めています。
途中、離れて見てみたり、ちょこちょことアドバイスをしたりしながら、時間がゆったりと過ぎて行きます。

f0171378_9103352.jpg




大切なのは
しっかりと観察すること
鏡にぐっと顔を近づけて、何があるのかをしっかり観察します。鼻の穴、眉毛の一本一本、目、瞳の奥、まつ毛、毛穴、、、

じーーーっと見ていると、だんだん自分の顔が自分ではなくなってくるようです。
まるで広い広い草原に、様々な生き物や植物が生きているようです。瞳の奥は宇宙のように見えてきます。そしてその一つ一つをしっかりと描いていきます。


人物画は目が命
おそらく多くのひとが、人物を描いて、目に手こずったり、目を描いて急に絵がイキイキしたりした覚えがあるでしょう。
目はそれほど難しく、かつ命の宿る場所なのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて、時間が来て完成した作品をいつものように、感想を言い合いながら見てみます。
それぞれに個性的で、素晴らしい作品でした。

絵は自画像に限らず、本人の人柄や性質がそのままに浮かび上がります。
絵を並べてみると、簡単に言葉でこうだとは言えませんが、なんとなくその人となりの空気のようなものが伝わってきます。

残念ながら、またもや写真を撮るのを忘れていました。ああーーもう!!
というわけで皆さんのご想像にお任せ。
皆さん、お疲れさまでした!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

来月は皆で画材を持ち寄って、大きなひとつの絵を描きます!!

持ち物は絵が描けると思われるものならなんでも!!
感覚を開くにはどうしたら良いか、他の人と波長を合わせるにはどうしたら良いかをゲーム感覚で学びます。

ぜひふるってご参加下さい!!
[PR]

by ho-an | 2008-08-26 09:11 | 今日の『放』
2008年 08月 06日

第2回漫画ワークショップ!!

今回も楽しく、のんびり、無事にワークショップが終わりました。
やはり畳はいいです。どんなに人が増えても詰められて、親近感がわきわきです。

今回は「自分を好きになる漫画の描き方」

さて、どんなことをするのかと言うと、、、

1.自分を漫画で描いてみる
いつもの自分、普通の状態の自分を漫画で、キャラクター化して描いてみる。
髪型や服装で特徴を出して、台詞なんかも付けてみるとグウ。

2.好きな自分、嫌いな自分を漫画で描く
自分でも「こういう私、スキッ!!」てな部分を描いてみる。
 壁を乗り越える自分、苦しくても頑張ってる自分、明るくて良く笑う私、のんびりと平和な心の自分、、などなど色々ありました。
 嫌いな自分は怠け者の私、あがり症の私、キリキリしている自分、すぐ怒る自分、など、

 好きな自分は生き生きと描かれていますが、嫌いな方も漫画にすると、あらかわいい。キャラクターにして客観化するとなんだか嫌っていた部分も愛おしく思えますね。
好きな部分も嫌いな部分も全部自分。同じ紙に描いてあげて、皆愛してあげましょう!!

3.自分の理想の将来を漫画にする
 お金持ちになりたい!!美しくなってモテモテ人生まっしぐら、世界平和、のんびり平和にシンプルな暮らし、など様々な欲求を漫画で叶えてみましょう!!漫画の世界は自由です。小さい頃の夢を思い出して、現実的な身近な夢を想像して、1ページのストーリーを作って漫画にします。

 よく夢を箇条書きにしたり、絵に描いたりはしますが、漫画にするとストーリーが進むので、よりリアルに!!

 

 この日参加された方の多くは、普段絵を描かない人たちでした。でも皆さんが描かれたご自分の漫画はよく似ていたし、最後に出来上がった漫画も素晴らしいものばかりでした!!そのうちの二つを紹介しますね。

f0171378_22174726.jpg

f0171378_22181265.jpg


原画のコピーをスキャンしたので、少し見づらいです。
壮大な夢から、ささやかな夢まで、様々でしたが、どれも共感できるものでした。

今回、ただ漫画を描くのではなくて、「自分」に焦点を当てました。
実際ワークをしてみて感じたのは、多くの人が同じような部分を嫌悪したり、共通の夢に共感出来ました。
そして嫌悪する自分にしても、他人として見たときに「なんだ、そんな事。そこがいいんじゃない」と思える事もたくさんありました。でも自分だとやなんですよねえ。不思議。

暑い中、足を運んでくれた参加者の方々、「ハレトケ」のはるかさん(なんと飛び入り参加!!)となっちゃん、本当にありがとうございました!!


※ハレトケでのイベントが八月をもって終了します。また場所を改めて開催します。宜しくお願いします!!
[PR]

by ho-an | 2008-08-06 22:26 | 今日の『放』